中国でのネット規制を回避する方法を解説!〜オフラインでも使える便利な無料アプリ5選を紹介〜

中国でオフラインでも使えるアプリ おすすめ

みなさんこんにちは、”中国大好き系芸人”マルモです(笑)

中国は景色がとにかく壮大で、自分が小さな世界で満足しているのがバカらしくなるんです!

それに人がたくさんいるのですが、各々自由に生活しているので「自分がどう見えるか」と気にする必要がなく、私自身も自由を感じることができます。

ただし、他の国とは違って少し特殊な点がありますので、今回は中国でのネット規制を回避する術を中心に、日本で事前に準備しておいた方が良いことをシェアしたいと思います!

1. 中国本土内でのネット媒体規制について

普段利用しているネット媒体はほぼすべて使えない

中国政府は、インターネット検閲を実施しています。

それによりインターネットサイトやサービスが規制されている状態です。簡単に言うと、日本で見ているインターネットサイトが中国では閲覧できません。

現地で閲覧できない媒体

  • Google系列全般(Google検索・GmailGoogle Map等)
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • WhatsApp
  • YouTube
  • Instagram
  • Dropbox
  • アメーバブログ
  • エキサイトブログ
  • ライブドアブログ
  • ワードプレス

など

え?ほぼ全てじゃないか!

そうです、自分が思いつくもの全てと言っても過言ではありません。

最初に知ったときは衝撃を受けましたが、何回も中国に行くとむしろ心地いいものです。どうでもいい連絡が来ませんし、くだらないニュースに心を乱されることもありません。

いやいや!!見れなきゃ困る!(ほとんどの方がそう思うはずです)って方のために解決策をまとめました。

中国でネット媒体を使用するには?

解決策1

VPN契約をする→日本と同じように全てのインターネットサービスを使いたい方向け

旅行者として行く場合は、海外用のポケットWi-Fiを借りるときにVPNというものも一緒に借ります(別途有料です)。

VPNを使うとあら不思議。規制を回避して日本と同じようにインターネットを閲覧・使用できます。長期滞在の方は、VPNをインターネットで月単位で契約したりもできるようなので調べてみてください!

解決策2

中国のアプリを入れていく→旅行中になんらかの手段で連絡が取れればいい方向け

こちらが中国に合わせていくスタイルですね。中国人が普段使用しているアプリなら中国でも日本でも使えます。今回は次の章で一時の旅行者として必要なアプリをご紹介します。

インストールする際、Googleプレイストアは中国では開けないので、使いそうな便利なアプリは事前に全て日本でインストールしてから旅立ちましょう

2. 中国旅行の際に役立つアプリ

SNS関連:「WeChat」

‎WeChat
‎WeChat
Developer: WeChat
Price: Free+
WeChat
WeChat
Developer: WeChat
Price: Free+

「WeChat」はLINEにあたるアプリです。機能も類似しており、通話やビデオ通話もできます。中国語では「微信(ウェイシン)」といい中国人なら誰でも持っています。

注意点

連絡を取りたい日本人がいる場合は同じようにアプリをインストールしてもらう必要があります。

日本語で登録できるので、”何かあったら必ず連絡を取りたい人”にはアプリをインストールしてもらうと良いでしょう。

もし中国人と友達になれた際は言うまでもなく大活躍です!

メール関連:「Yahooメール」「Outlookメール」

「Yahooメール」

‎Yahoo!メール
‎Yahoo!メール
Developer: Yahoo Japan Corp.
Price: Free
Yahoo! Mail - Free Email -
Yahoo! Mail - Free Email -

 

「Outlookメール」

‎Microsoft Outlook
‎Microsoft Outlook
Microsoft Outlook
Microsoft Outlook
Price: Free

YahooメールとOutlookメールは中国でも使用できます。アドレスを取得し、アプリをインストールして置くと、いざという時に日本にメールを送ることができます。

最近だとメールをいちいちチェックしない人が多いので緊急時には不便なのは難点ですが、、、。

電話関連:「Skype(スカイプ)」

Skype - free IM & video calls
Skype - free IM & video calls
Developer: Skype
Price: Free

皆さんおなじみのスカイプも中国で使えるみたいです!「電話をしたい!」という方には朗報ですね。

検索関連:「百度(バイドゥ)」

中国版のGoogleのようなものです。

意外と知られていないのですが、中国人はGoogleを閲覧できません。そのため、Googleに中国の生の情報は転がっていないのです。

もし中国の現地のことを調べたければ、中国人が実際使っている「百度」で検索してみてください。

問題点1

中国語が分からないと検索が困難

中国語がわからなくても大事な情報を解読したい場合は、「Google翻訳」のオフライン機能を使って、コピペをして翻訳してください。大体の意味はわかると思います。

その際、一緒に「Google Pinyin Input」という中国語のキーボードをインストールしておくと便利です。

詳しくはコチラの記事で解説しています!

海外旅行中に役立つおすすめアプリ4選【オフライン編】〜使い方を徹底解説!〜

2018.08.27
問題点2

アプリにセキュリティ上の問題がある

あまりインストールはおすすめしません。先述の検索画面のURLをブックマークしておくなどしましょう。

但し、Googleの検索窓ですと結果が反映されないので、楽天ウェブ検索やgoo検索を使いましょう。

‎楽天ウェブ検索
‎楽天ウェブ検索

この2つの媒体は直接日本語で検索することもできますが、規制対象のワードを入力しても表示することはできません。

例えば楽天検索でTwitterと検索して開こうとしても、Twitter自体が規制されているため開けません。

地図関連:「百度地图(バイドゥマップ)」

中国版GoogleMapのようなものです。むしろ中国本土に関してはグーグルマップとほぼ同じ機能を備えていると言っても過言ではないと思います。

Googleで見る中国本土の地図は全然正確ではありません。見ないほうがマシです。主要な建物や地下鉄の路線すら載ってなかったりするんですから。

旅行の準備段階でもバイドゥマップで見る方が遥かに正確なのでおすすめです。

中国語で表記していますが、日本人は漢字が読めるという強みがあります。地名なら意味を考える必要もないので難しくないですよ!

さらに、Googleと同じように乗り換えルートも完備されているので、路線バスなんかも簡単に検索出来て便利です。

詳しくはコチラの記事で解説されています。

【中国の地図アプリ】百度マップの使い方 オフライン機能も徹底解説!

動画関連:「土豆」「YOUKU」

毎日YouTube見ているという方もいますよね~。最近じゃ動画を見ない生活はなんか手持ち無沙汰な感じです。

中国旅行中に何かしら動画を見るならこちらです。

開いてみて中国の動画なんて見てもわからないという方!そう焦らないでください。日本のバラエティーやドラマなんかもあるんですよ!

権利的なのは一切無視の投稿だとは思うんですけど、、、

暇つぶしくらいの気持ちで覗いてみて下さい。

 

補足

中国ではLINEが使えないということになっていますが、、、

Wi-Fi環境下で、ごくごくたまーーーーーにメッセージのみの送受信ができました。1日にいっとき5分くらいです。

画像はどんなに頑張っても飛ばせませんし見れませんでした。

上海で飛行機が飛ばず、翌日まで日本に帰れないことがあり、どうしても明日も休むと連絡しなければならないことがありました。

当時は「Yahooメール」も「WeChat」も入れておらず、頼みの綱は繋がるかどうかも分からないLINEだけでした。(国際電話の掛け方がいまだにわからない私w)奇跡的に5分だけ繋がり連絡が取れましたが、こんな思いは二度としたくありません。

是非いざという時に連絡がとれるよう、複数の手段を講じておきましょう!LINEの”イチかバチか”に賭けるべきではありません(笑)

3. 中国を経由する旅行時の電子機器類取り扱い

中国本土で乗り継ぎの際に保安検査場を通過します。中国独自の引っかかりやすいルールがありますのでいくつか挙げておきます。

モバイルバッテリーに規格の表示はある?

モバイルバッテリーにご注意ください!電池の容量や出力の表示のないものは没収されます(友人が経験済み)!

必ずモバイルバッテリーの全面をよく確認して以下のような表示があるか確認しましょう。

中国 ネット規制 アプリ

検査は厳しく、モバイルバッテリーは必ず一つ一つチェックされます。没収されたら最後、どんなに安全性を説明しても返してくれません。

電子機器類は全てバッグから出してトレーに入れる

全ての電子機器類を出して検査員が肉眼で見るまで解放してくれません。もしスキャンにかけた時バッグに電子機器が入っていた場合は、それを取り出して再度バッグをスキャンにかけます。

私が見た中では欧米人の男の人が、たくさん持っている電子機器を何個も取り出し忘れ、検査員に中国語で怒られながらバッグのスキャンを5回ほどさせられていました。乗り継ぎに急いでいる場合にはかなりの時間のロスになります。

カメラ・タブレット・携帯電話・パソコン・モバイルバッテリー・ゲーム・音楽プレイヤー等、全てトレーに移しておきましょう。

傘を持っているか?

なぜかこれだけ日本語で「カサ!カサ!」と連呼されます。折り畳み傘をお持ちの方はあらかじめトレーに出しておきましょう。

どうやら武器と認識されているのかチェックされているようですが、返してくれます。

ボディーチェックがあるかも

全身を触られてのボディチェックをされる場合があります。毎度女性の検査員だったので特に嫌な思いをしたことはないです。

ポケットに、ペン・マスク・コイン・鍵など入っていると再検査の可能性もあるので注意です。

4. おまけ:中国旅行の必需品

マスク

皆さんご存知の通り中国の大気汚染は深刻です。

過去4度ほど中国旅行に行っているのですが、必ず1度の例外もなく喉風邪をひいて帰ってきます。

ちょっとやそっとではなく喉がちぎれるような痛みで、呼吸すら辛いレベルのやつです。

最初はたまたま体調が悪かっただけだろうと思っていたのですが、3回目からは大気汚染のせいだと気づきました(←遅い)。

一緒に旅行に行った友人も同じように喉を痛めて耳鼻科通いを余儀なくされました。

絶対マスクを持参しましょう。


玉川衛材 フィッティ 7DAYSマスクEX 個包装 ホワイト ふつう 7枚入

旅行で持ち歩くのには個包装のものが便利です。7枚入りで日数的にもちょうどいいのでこれを買いだめしてます。

のど飴


カンロ ボイスケアのど飴 26g×6個

日本ののど飴で圧倒的に効くのがこれ「ボイスケアのど飴」です。初期の少し喉が痛い気がしてきた頃に効きます!

味は美味しいとは言えないんですが、のど飴一つで鎮圧できるなら全然ありがたいですよね。

マスクとセットで持っていって、その場で喉をケアしましょう。

5. おわりに

中国旅行、おすすめです。

こんな感じで色々面倒な所はありますが、出発前に準備しておけば大丈夫ですし、それも含めて中国の魅力なんです!

個性がある地域のほうが思いもよらない発見があって面白いですよね(^^)

中国の見所はまたいつか別途ご紹介したいと思います!

Have a nice trip!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)