【北欧での服装】冬のフィンランドで何を着たらいいの?スマホやカメラの防寒対策も大事!

フィンランドでの服装

ここ数年フィンランドブームを感じています。フィンエアーが積極的に売り込みに来ているからでしょうか。フィンランドに訪れる方、増えていますよね(祝日は気をつけてくださいね!)

ムーミン、サンタクロース、オーロラと魅力満載なんですが、いかんせん寒い。

夏に行けたらいいんでしょうけど、正月休みしか日程が取れないって方もいますよね。マルモもそんなこんなで、冬のフィンランドに訪れました。

北欧に行くときに誰もが悩むのが、服装だと思います!

インターネットで調べると、1月の平均気温が、ヘルシンキでマイナス2度~10度、北極圏に入るとマイナス30度くらいになったりするようです。

雪国育ちではない私には見当もつかない気温でした。

お金を出せばカナダグースとか本場の防寒具っていくらでもあるのですが、一時の旅行しか使わない場合は躊躇しちゃいますよね。

そこで!!

今回は日本の冬でも着回しできる洋服で、買い足したり家族の物を借りたりしたら済むように、日本の庶民御用達の店舗にあるものだけでご紹介します。

また、実際には首都のヘルシンキと北極圏の町ロヴァニエミに行ったので、北の寒い地域から南の比較的マシな方の両方に耐えられるオールラウンドな服装になっています。

1. 実際の気温は?

1月初めに旅行した時の実際の気温はこんな感じです。

ロヴァニエミ(北極圏内)

ほぼ日暮れの15:00頃でマイナス24度

フィンランド ロヴァニエミ 気温
ヘルシンキ

まだ明るい14時頃でマイナス13度

フィンランド ヘルシンキ 気温 フィンランド ヘルシンキ 気温

マイナス13℃は寒くない!?

24℃のロヴァニエミから13℃のヘルシンキに移動した際に「暖かい」と感じました。

正確には(当然)寒いのですが、呼吸をしても肺が痛くならないのでだいぶ楽です。マスクを外しても歩けるようになります。

実際にヘルシンキでは、”スタイリッシュなコート&帽子マフラー無し”の首元がスッキリした装いで颯爽と歩くフィンランド人のお姉さまをよく見かけました。

こちらはマイナス13℃になろうとダウン2枚重ね&ニット帽の完全防備だというのに、、、。

2. どんな服を用意したらいいの?

結論

全身UNIQLOで乗り切れます!(笑)

移住するわけではないので一時の旅行に耐えられる服装というのがポイントです。

残念ながら気温が低すぎて何を着ても寒いのですが、重ね着すれば寒いながらも動けます。

私は以下の服装でマイナス15度の中2時間は野外を歩き回ることができました(持ち歩いていたペットボトルの水が凍りましたw)。

但しこれらの格好は、

  • オーロラ観測などで長時間野外で動かずにいる
  • 犬ぞりで風を切って走る
等の場合には向いていません。これらのアクティビティの場合は防寒具の貸し出しがありますのでぜひそちらを着てください。

実際に着ていた服

フィンランド 服装

↑寒過ぎて凍った海から湯気が出ている(笑)

  • ニット帽@UNIQLO

 

  • 手袋@UNIQLO

風を通さない暖かいものがいいです。さすがにスキー用の手袋を持って行くのはやめました(笑)

アウターは最低でも2枚は必要です。今回は一例として以下の2着を推薦します。

  • アウター→ウルトラライトダウン@UNIQLO
  • アウター→メンズのダウンジャケット@UNIQLO

メンズ用でないといけない!ってわけではないのですが、ウルトラライトダウン1枚では到底寒いので…ダウン重ねないと耐えられないと思います。なければウルトラライトダウン+コートがあるとまだ良いかもしれません。

アウターのどちらかにはフードがついているものが良いです。ニット帽のみでは寒かったので上からフード被っていました。

  • インナー→極暖ヒートテック@UNIQLO

皆さんご存知UNIQLOさんの冬用インナーのヒートテックは3段階あります。

ヒートテック      

極暖ヒートテック    

超極暖ヒートテック    ↓   より暖かい

日本で着てると暖房の具合によっては暑い時もあるくらいです。普通のヒートテックではなく、ぜひ極暖以上を着ていくことをおすすめします。

  • インナー→セーター(ニット生地で首回りが空いてないもの)

春秋用の薄手のタイプではなくて、がっつり冬用セーターが良いです。厚手のフリース生地の服でもいいと思います。

  • ボトムス→極暖ヒートテック@UNIQLO
  • ボトムス→裏起毛の長ズボン@しまむら
  • 靴下→冬用の超厚地の靴下@UNIQLO)
  • 靴→スノーブーツ@ABCマート)

雪の上で歩いても滑りにくいスノーブーツを選んでください。保温という目的もありますが、一番は雪で滑らないことです。

ヘルシンキの街中は雪が溶かされていますが、路地に入ると雪があります。また北極圏にあるロヴァニエミは街中も雪が積もっています。

5年に一度くらいしかスノーブーツを履く機会がない地域に住んでいるので買うかどうか悩みましたが、スノーブーツで行って良かったです。

滑りにくいのはもちろん、足先が冷たくて辛い思いもしなくて済んだので。

  • マスクネックウォーマー

マイナス15度以下になると、これらなしでは息ができませんでした。直に空気を吸うと空気が冷たすぎて肺が痛いし、顔も痛いです。口からの水蒸気で蒸れますが、絶対あった方がいいです。

マフラーでも構いませんがダウンの中で巻くのにかさばるのでネックウォーマーはかなりおすすめです!

補足

寒すぎて、ホッカイロはほぼ無意味でした。ポケットに入れていても冷たいんです…。

ですから何かで温めようという考えではなく、自分の体温をいかに保温するかが大事です。

ダウンやニット、フリース生地等の空気を含み、暖かさを閉じ込めるものが役に立ちます。

UNIQLOさんのありがたいところは、通販なら季節問わず通年のものが買えます。

冬に常夏の国に旅行するときに水着やTシャツを買いたい時や、夏に南半球の冬の国に行くときに服をそろえたい時も便利です。

また、帰国して日本でも着る機会があるので、一度の旅行で使ったきり着なくなるという事態になりにくいでしょう。

フィンランド ヘルシンキ 服装

↑ヘルシンキの路地はこんな感じです。なぜバナナが落ちていたのかは不明(笑)

 

ヘルシンキ フィンランド 服装

↑大通りに雪はありませんでした。

【重要】カメラとスマホの防寒対策

マイナスの気温ではカメラ・スマホがすぐ壊れてしまうので対策が必須です。

人間は少し寒くてもすぐ死んだりしませんが、ヤツら電子機器は繊細なので大気に出すとすぐ使い物にならなくなります。

カメラ

一眼レフは普通にバックパックに入れて外を歩くと全く機能しなくなるので、首からかけてダウンジャケットとセーターの間に入れてお腹で温めていました。(北極のペンギンがひなを温める気持ちがわかります) 

iPhone

iPhoneは氷点下で生きていけません。電池が急激になくなり電源が落ちて使えなくなるだけでなく、以後日本に帰ってからも、電池の持ちが著しく悪くなります。

外を歩くときは、ホッカイロと一緒にして、体温で温められるようになるべく体に近いポケットに入れておくといいです。

こんな感じのマネーベルトなどが一番おすすめです。


Eggsnow パスポートケース スキミング防止 ネックポーチ ウエストポーチ セット 海外旅行グッズ ランニング 散歩用 セキュリティポーチ

マネーベルトを選ぶ際はスキミング防止機能が付いているものだと安心です。

マネーだけでなくスマホも守りましょう。

アンドロイド

アンドロイドはiPhoneよりは強いです。

一瞬外に出して写真を撮るくらいなら大丈夫ですが、使わないときはなるべく温めて温存しておいてください。

こちらもマネーベルト等に入れて体の近いところに入れておくのが良いでしょう。

面倒だからと言って外側のダウンジャケットのポケットに入れないようにして下さい。

 

天下のiPhoneにも弱点があるとは…。大切な電子機器はひな鳥のごとく扱いましょう。

3. 最後に

いかがでしたでしょうか。

この旅行では、炎のありがたさを知りました。マイナス25℃以上なのにちゃんと燃えるしとにかく暖かいんですよ…。

普段コンロから出てくるくらいにしか思ってなかったのに、大昔火を扱えるようになった人間に心の底から感謝した次第です(笑)

北欧のフィンランドでの服装

ご自身が暖かい格好をするのはもちろんですが、大切な電子機器を温めることも忘れずに、フィンランド旅行を楽しんでくださいね!

Have a nice trip!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)