香港でのオクトパスカード購入方法と使い方を詳しく解説!【手数料の発生に注意】

香港でのオクトパスカードの購入方法

こんにちは、マルモです。

今回は、香港内の鉄道、バス、フェリー等あらゆる交通機関、スーパーやコンビニ、ファーストフード店、自販機までこれ一枚で便利に使える…

オクトパスカード」について紹介しちゃいます!!

1.オクトパスカードって?

要は…

日本で言うところの「SuicaPASMOicoca」などと思ってください。

ただし!香港ではその使える範囲が広いのです!!

オクトパスカードが使える交通機関
  • 地下鉄(MTR)
  • バス、緑色・一部の赤色ミニバス
  • 電車
  • ライトレール
  • スターフェリーなどのフェリー路線
  • ケーブルカー(wikipedia参照)
注意
タクシーは使えません!
オクトパスカードが使える施設
  • コンビニエンスストア
  • コーヒーショップ、レストラン
  • 自動販売機
  • 証明写真撮影機
  • 公衆電話(wikipedia参照)

2.購入方法と購入場所

購入場所は香港国際空港の到着ロビーがおすすめ!

入国審査後、到着ロビーへ出ると列車車票」と大きく書かれたドーナッツ型のチケットカウンターが見えてきますので、すぐわかると思います。

一言「オクトパスカードプリーズ」と言えばOKです。「アダルト?」と聞き返された後は、何やらデポジットの説明とかされますが理解できなくても特に問題ないのでご心配なく。

説明される内容は、

大人の代金は150香港ドル(約2,250円)で、内訳はデポジット(預かり金)が50香港ドル、最低入金金額が100香港ドルですよという話。

ちなみに子供の場合はデポジット(預かり金)が50香港ドル、最低入金金額が20香港ドルです。

テキトーにうなずいてお金払いましょう!

補足1

私が行った時は到着ロビーのチケットカウンターがものすごい混雑していました!

もし、市内に出る際に地下鉄東涌駅まで市バスを使う方は東涌駅でオクトパスカードを購入することをオススメします

香港国際空港から最安値で市内に出よう!〜東涌駅まで市バスで行く方法〜

2019.01.26
補足2

到着ロビーの「列車車票」でオクトパスカードを買う場合はクレジットカード不可です。現金で支払いを済ませましょう。

払い戻しもできる!

有人カウンターで「リファンドプリーズ」と言えばOKです。

  • 残金
  • デポジット(預かり金)50香港ドル

上記の代金を払い戻してくれます!

ただし、購入から3ヶ月未満の場合は手数料として9香港ドルが必要になるので注意しましょう。

また、オクトパスカードが汚れていたり破損しているなどは30香港ドルを要求されますので取り扱いには十分気をつけましょう!

深夜に飛行機が到着した場合の購入場所

例えば、あなたが深夜の25時30分に香港国際空港に到着したとしましょう。

 

わお!「列車車票(チケットカウンター)」が閉まっている!

そうです。エアポートエクスプレスの運行時間であるおおよそ朝6:00〜深夜25:00以外の時間帯はチケットカウンターが空いていないので、

同じく到着ロビーにある24時間営業のセブンイレブンでオクトパスカードを購入しましょう!

注意

セブンイレブンで購入できるオクトパスカードは通常MTRなどの窓口で購入できる「スタンダードオクトパス」という種類のカードではなく、「ソールドツーリストオクトパス」という種類になります。

「スタンダードオクトパス」との違いは↓

  • 大人用(adult)の1種類のみ販売
  • 買い切りタイプで39香港ドル
  • 返金(払い戻し)不可

の3点です。

返金不可なので初めからオクトパスカード持ち帰るつもりであれば「ソールドツーリストオクトパス」の方がお得ですね!

東涌(トンチョン)駅で買ってみた!

東涌駅 オクトパスカードの購入方法

東涌駅で実際にオクトパスカードを購入してみました!

こちらの有人カウンターで同じく「オクトパスプリーズ!」

旅行者は最低入金金額を使い切れるの?

使ってみての感触として、行き先にもよりますが最低入金金額で3日〜4日間の旅行で使い切るくらいでしょうか。

何よりいちいち切符買う手間が省け、時間の短縮になるので効率よく地下鉄(MTR)使って旅する方にはおすすめです。

3.使い方はとっても簡単!

SuicaやPASMOを使ったことがある方ですと使い方は同じですのでご心配なく。

電車は改札の、バスは乗車の際にサイドに設置されてある、コンビニならレジ横の、それぞれカードリーダーにタッチすれば使用できます。

チャージ方法について

こちらもSuica等と同様です。基本的には地下鉄駅のチャージ機でチャージするか、オクトパスカード販売カウンターで「リロードプリーズ!」で通ります。

オクトパスカードの買い方 チャージ方法
↑地下鉄東涌駅のチャージ機です。「増値=チャージ」という意味ですね!

オクトパスカードのチャージ方法↑こちらは券売機です!チャージはできないのでお間違えなく…

4. おわりに

いかがでしたでしょうか?香港旅行の際にはこの「オクトパスカード」があると大変便利です。

作るのも面倒ではありませんので、よかったら記念にでも良いので購入してみてくださいね!

それではまた!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)