海外旅行中に役立つおすすめアプリ4選【オフライン編】〜使い方を徹底解説!〜

海外旅行 アプリ おすすめ オフライン

海外旅行に行くと常にインターネットが使える環境があるとは限りません。

海外用のWi-Fiを持って行かなければ、基本現地のフリーWi-Fiのみで過ごすことになりますし、
仮に現地で使えるSIMWi-Fiを持って行ったとしても通信の容量は限られていることがほとんどです。

つまり、海外旅行で必要なアプリの条件は、オフラインで使用できるか?ということが最優先です。

そこで今回は実際に私が海外旅行で使ってみて、これだけあれば生きて行ける!というアプリをつ厳選してみました。

1. Currency

Currencyの使い方と事前準備

Currency
Currency
Developer: Jeffrey Grossman
Price: Free+
Currency
Currency
Developer: Currency App LLC
Price: Free+

オフラインでも通貨のレートが見れるアプリが「Currency」です。

事前準備としてオフラインでも使うであろう現地の通貨を一覧に表示しておく必要があります。

解説
通貨の追加の仕方

① 下の方の地球マークをタップ。         

Currency ホーム画面

 

② 追加したい通貨にチェックを入れる。

Currency 通貨アプリの使い方

 

③ アメリカドルが一覧に追加されました!

Currency 通貨アプリの使い方

 

補足
  • オンライン環境下で最後に更新された通貨が、オフライン時に表示される。
  • オフラインのため、リアルタイムの細かい端数に若干違いが出る。

特徴とその他の使い方

Currency」は、おおよその日本円での値段を知りたいときにそこに表記してある金額を打つと素早く日本円に換算できます。

例えばメジャーなドルの場合、おおよその金額が計算しやすいと思います。通常1ドル100円を超えたくらいなので30ドルと書いてあれば3000円オーバーだな~などとすぐわかります。

しかし、ベトナムドンですと本日(執筆日)は100ベトナムドンあたり0.47729円です。ベトナムで135,000ドンと表記されていたら……なかなかパっと計算できません。

そんな時でも、このアプリを使えば日本円で644.35円だとすぐに出てきます!

 

もう一つの使い方は、友達同士で両替をするときです。例えば韓国旅行から帰ってきて5000ウォン(500円弱)余ってしまった。

自分は次いつ韓国に行くかわからないが、2か月後に友達が韓国に行くというので、5000ウォンを両替してあげたい。

そんな時友達同士なので、Currency基準でとお互い合意のもと両替できちゃいます!

2. Pocket

Pocketの使い方と事前準備

Pocket
Pocket
Price: Free+
Pocket: Save. Read. Grow.
Pocket: Save. Read. Grow.
Developer: Read It Later
Price: Free+

オフラインでもウェブを見れるアプリが「Pocket」です。

後で見たい記事やビデオを1箇所に簡単に保存できます。

解説
Pocketにページを保存する方法

① 保存しておきたいウェブページを開きます。

Pocket 使い方説明

 

② Pocketのアイコンをタップ!

Pocket 使い方の説明

 

Pocketのアイコンがない場合は以下のやり方でも簡単に追加できます!

① 上部のメニューからリンク共有をタップ。

Pocket 使い方説明

 

Pocketのアイコンをタップ。

Pocket 使い方と準備

これで保存できているはずです。

 

オフラインで開いてみるとこんな感じでページを閲覧できちゃいます!

Pocket アプリ 使い方
Pocket 使い方 アプリ

しっかり写真も見れるので安心ですね。

 

海外旅行時にオフラインで必要になる情報って?

  • ハウトゥページ

現地の地下鉄のチケットの買い方、バスの乗り方などのハウトゥが画像付きで分かりやすく紹介されているページ。実際に現地でそれを見ながら券売機を操作したり、バス乗り場を確認できたりします。

  • 現地で購入できるお土産

その土地ならではの特産やお土産を調べた時にPocketしておきましょう。スーパーで買えるお土産〇選などの場合、商品名を記録しておくだけでは現地でどれがそのお目当ての商品なのかわからなくなってしまいます。Pocketに入れているページの画像を見ながら買い物をすると間違えることはありません。

  • 単純にブックマークとして

後々現地でオンライン環境下で見るつもりのものでもPocketに入れておくと便利です。Pocketには「ウェブビューへ切り替え」できる機能があります。後ほどオンライン環境で見るときは「ウェブビューへ切り替え」を押すとウェブページとして見ることができて便利です。例えば、おすすめレストラン〇選などですね。とりあえずPocketしてなんとなくレストラン情報を頭に置いておきます。現地のホテルに着いてWi-Fi環境下で(最近のホテルはフリーWi-Fiあるところがほとんどなので)気分・値段・現在地を考慮しながら行きたいレストランを選んだりしています。 

3. Google翻訳

Google翻訳の使い方と事前準備

Google 翻訳
Google 翻訳
Developer: Google LLC
Price: Free
Google Translate
Google Translate
Developer: Google LLC
Price: Free

文字通り翻訳できるアプリが「Google翻訳」です。

知名度こそありますが、オフラインでも使用できる点は意外と知られていません。

まずは旅行先で使う予定の言語をダウンロードしましょう!その際、オフライン翻訳のデータは英語がデフォルトで入っているので、それ以外に必要になる言語をダウンロードしていきます。

必ず必要になる言語:日本語

日本語はデフォルトでインストールされていないので初めにダウンロード必須です。これでオフラインの時に、英語⇔日本語の翻訳が可能になります。

余談ですが、私は中国語の勉強をしているのでいつどんな時中国人と話すことになっても良いように中国語もダウンロードしています!

例として今回はアイルランド語を入れてみましょう!

① まずアプリを開き上部にあるメニューを開きます。

Google翻訳 使い方

 

② オフライン翻訳をタップします。

Google翻訳 アプリの使い方

 

③ 追加したい言語を「利用可能なすべての言語」の中から選びダウンロードボタンを押します。

Google翻訳 アプリの使い方
Google翻訳アプリの使い方

 

④ これでアイルランド語が追加されました!

Google翻訳アプリの使い方

実際に翻訳してみましょう!

Google翻訳アプリの使い方

左が日本語、右がアイルランド語になっていますが、左の言語から右の言語に翻訳されます。

この場合は日本語がアイルランド語に翻訳されますね。

逆にアイルランド語を日本語に翻訳したい場合は左にアイルランド語、右に日本語を入れます。

オフライン翻訳できる言語は?

英語、アイスランド語、アイルランド語、アフリカーンス語、アラビア語、アルバニア語、イタリア語、インドネシア語、ウェールズ語、ウクライナ語、ウルドゥ語、エストニア語、エスペラント語、オランダ語、カタルーニャ語、カンナダ語、ガリシア語、ギリシャ語、クロアチア語、グジャラト語、ジョージア語、スウェーデン語、スペイン語、スロバキア語、スロベニア語、スワヒリ語、タイ語、タガログ語、タミル語、チェコ語、テルグ語、デンマーク語、トルコ語、ドイツ語、ノルウェー語、ハイチ語、ハンガリー語、ヒンディー語、フィンランド語、フランス語、ブルガリア語、ヘブライ語、ベトナム語、ベラルーシ語、ベンガル語、ペルシャ語、ポルトガル語、ポーランド語、マケドニア語、マラーティー語、マルタ語、マレー語、ラトビア語、リトアニア語、ルーマニア語、ロシア語、韓国語、中国語、日本語 

こんな時に役立つ!

英語が通じない地域で

多くの観光地はたとえ英語圏でなくても、挨拶や数字などの簡単な英語が通じます。しかし中国やロシアなど特定の地域では、英語の数字や「I」「You」すらわからない人も多いです。そんな時には、このGoogle翻訳アプリに頼りきりです。

旅先で仲良くなった外国人とSNSでメッセージのやり取りをするとき

大体英語でやり取りすることになるので長文ともなると相手が何言っているのかわからない・・・そんな時にコピペしてあらすじをつかむことができます。

注意点

もし現地の方に自分のスマホのGoogle翻訳に直接現地の言葉を打ってもらう場合、自分のスマホに現地の言葉のキーボードをダウンロードしておく必要があります。

例えば、、、

中国語の場合、中国の方は、日本人のキーボードを使って中国語を入力することができません。

中国語の漢字を打つ時に日本語のようにひらがな入力ではなく、「ピンイン」というものを使って入力します。

これがないと、現地でいざ「わからない中国語をGoogle翻訳に打ってもらって翻訳したい!」って時にできません。

 

4. MAPS.ME(マップスミー)

マップスミーの使い方と事前準備

旅行中、インターネット環境にないオフラインの時でも世界中の地図を見ることができるのがこの「マップスミー」です。

世界中の地図を見ることができるアプリはGoogleマップが有名ですが、インターネット環境がないと見ることができません。

事前に準備として以下の2点が必須事項となります。

  • Wi-Fi通信状態の時に、あらかじめ行先の地図をダウンロードしておく。
  • 事前に目的地が決まっていれば、お気に入りに入れてピンを立てておく。
解説
地図のダウンロード方法

① 今回はフィンランドの地図を入れてみます。世界地図の中のフィンランドを拡大していきます。

MAPS.ME 使い方

 

② 拡大していくと、この画面が現れるので今回は「地図をダウンロード」をタップして地図をダウンロードします。

マップスミーの使い方

 

③ ダウンロードが完了するとこのように街の詳細が見れるようになります。

MAPS.ME(マップスミー)の使い方
マップスミーの使い方

 

解説
お気に入りに入れてピンを立てておく方法

ピンを立てておくと、ズームアウトされているときでも目的地がわかりやすいです。

① 今回はフィンランドの有名なチョコレートブランド、「ファッツェル(Fazer)」がヘルシンキでカフェを開いていますので、そこにピンを立ててみます。

場所がわかっている場合は、ズームしてその目的地をタップします。

MAPS.ME 使い方

 

場所が不明の場合は検索マークから入力して目的地を表示します。

マップスミーの使い方
マップスミーの使い方

すると「ファッツェル(Fazer)」が出てきます。

 

② ピンを立てるには、目的地をタップして緑色で目印が付けられた状態の時に、お気に入りをタップします。ピンが立てられると詳細が入力できるようになります。

マップスミーの使い方
マップスミーの使い方

 

③ 星アイコンをタップするとピンの色を変えることもできます。

マップスミーの使い方
マップスミーの使い方

 

④ セットのマイロケーションをタップすると、自分なりのフォルダごとにピンを分けておくことができます。たくさんピンを立てたときの分類に便利です。

マップスミーの使い方
マップスミーの使い方
マップスミーの使い方

⑤ メモ欄もあるので気になったことは書き留めておくと良いでしょう。今回はヨーロッパのお店には珍しく、祝日も営業していたので「祝日も営業」と入力してみました。

マップスミーの使い方
マップスミーの使い方

これでピンの詳細の登録は完了です。

以上の設定が面倒な方は、セットを追加してジャンル分けしたりしなくてもピンの色を変えておくだけでも十分わかりやすくなります。

 

特徴と注意点

地図としてはあくまでもサブとして使うと良いと思います。やはりグーグルマップのほうが詳しいです。

事前にガイドブックやグーグルマップである程度地図(メインストリートや繁華街など)を把握しておいて、いざ現地で「目的地がわからなくなった!」などの際に使うのがベストでしょう。

まとめ

グーグルマップ   →   予習向き

マップスミー      →    実地向き

5. おわりに

いかがだったでしょうか?今回はアプリ特集ということで4つのアプリを厳選してご紹介しました。

他にも特定の地域や状況で使えるアプリはまだまだ有るのですが、上記のアプリは日本を出たその瞬間から働いてくれること間違いなしです!

皆さんの快適な旅のお役に立てれば幸いです。それではまた次回お会いしましょう!

Have a nice trip!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)