ウラジオストクのマリインスキー劇場でバレエ鑑賞!〜チケットの取り方やバスでの行き方を完全解説〜

ウラジオストクのマリインスキー劇場

ロシア女子はなぜあんなに足が長いのでしょう?マルモです。

ロシアのウラジオストクにはバレエ鑑賞のために行ったのですが、それはそれは素晴らしい公演でした!

マリインスキー劇場のチケットは事前にオンラインで簡単に購入できますし、市バス1本で行ける場所にあるため、バレエやオペラを見たことがない方でも気軽に鑑賞できます。

きっと長く心に残る経験になると思うので、是非おすすめです。

ちなみにこちらはウラジオストクのマリインスキー劇場です。サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場ではないのでご注意ください。

1. 公演情報の見方とチケットの取り方

 クレジットカードを用意してインターネットを開いたらこちらの公式ホームページにアクセスしましょう。

 全面ロシア語なので、英国国旗マークをクリックして英語表記にします。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

③ PLAYBILL AND TICKETS」をクリックして公演情報を確認しましょう。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

④ 公演一覧が出てくるので、「Select performance type」の選択肢から、自分が観たいジャンルを選択すると見やすいです。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

⑤ 演目をクリックすると詳細が観れます。今回はThe Nutcracker(くるみ割り人形)を選択してみます。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

 

補足

  • 公演日程はだいたい翌月分までしか表示されないので、どうしても観たい方は先に公演のチケットを取ってから航空券を取ることをおすすめします。
  • 既にウラジオストクに旅行することが決まっている場合もオペラかバレエどちらかの公演は見ることができそうです。
  • 私が公演情報を覗いている限りでは、バレエの公演は木曜日と土曜日が多く、オペラは水曜日と金曜日と日曜日が多いようです。

⑥ 公演の詳細を見て間違いなければチケットの購入手続きをしましょう。「Buy tickets」をクリックしてください。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

⑦ 席を選びましょう。

→売り切れなので選択できません。

→選択可能です。

ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

黄色い席にカーソルを当てると金額が表示されます。「Special rate」と「Full rate」の2種類出てきますが、日本人旅行客はFull rateの方で支払います。Special rateで購入できるのはロシア人の方のみだそうです。

補足

席決めに便利なページがあります。360度カメラであらゆる角度からの見え方をチェックできます。参考にしてみてください。

ちなみに現地で確認した感じですと、1F最前列はステージを見上げなければならず首が痛くなりそうだったので、3~4列目以降をおすすめします。

 席が決まったらクリックしてください。このようなログインページが出てくるので、右下の「Registration」をクリックしてアカウントを新規作成します。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

 メール、パスワード、姓、名を入力して、「Registration」をクリックします。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

アカウント作成はこれで完了です。どのページからでも、上部の人物マークをクリックすれば自分のアカウントにログインできます。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

⑩ ログインできると、選択した席が赤くすることができます。購入したい席の数だけ選択したら、「Add to basket」をクリックします。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

⑪ Full rate」のほうにチェックを入れて、日付・開演時間・金額を確認したら「Complete purchase」をクリックして購入に進みます。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

⑫ 「50分以内に支払い手続きを完了しないと無効になります」というメッセージが出ますのでOKで進みます。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

⑬ 四角い枠内の名前を確認します。Eチケットは、当日劇場のチケットオフィスで紙のチケットと引き換えになります。ID(パスポート)で名前を照合するので、引き換えに行く本人の名前を書くようにします。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

⑭ クレジットカード情報を入力して、右下の「Pay」をクリックします。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

ORDER RESULT(注文結果)のページになると思いますが、右下のReturnを押して戻ります。

支払いが完了するとアカウントに登録したメールアドレスに、メールが届きますので確認します。

タイトルが「Order 123456 paid, you can get tickets at the theatre box office」となっていたら無事支払いができています。

⑮ 再度マリインスキー劇場のページに戻ってログインします。Order History(注文履歴)を開いて、Orderの項目がPaidになっています。オーダー証明書と、Eチケットを印刷して必ず持って行きます。Eチケットは、引き換えの際に回収されますので忘れずに持って行ってくださいね。
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

チケットの引き換え場所

チケット引き換えの場所
ウラジオストクのマリインスキー劇場 チケットの取り方

マリインスキー劇場に入ってすぐ左、セキュリティーチェックを受ける前にチケットオフィスがあります。印刷したEチケットとパスポートを提示するとチケットを発券してくれます。

反対側、入って右にはグッズショップがあり、パンフレット等購入できます。

2. 劇場に入ったら?

クロークに荷物を預けに行こう!

開演の30分前までには会場に着いていたほうが良いでしょう。若干トイレの場所が分かりにくく、あまりトイレの個室の数が多くなかったので並ぶかもしれません。

着いたら、クロークにコートを預けに行きます。コートの他に大きなバッグ等も預かってくれるので便利ですね。

クロークは1階と2階にありましたが(3階以上は未確認)、席の場所によって預ける階が違うようです。とりあえず最寄りのクロークに持って行ってチケットを見せたら指示してくれます。預けたら番号の付いた札をくれるので、帰りに取りに来る際に引き換えになります。

ウラジオストクのマリインスキー劇場でバレエ鑑賞
↑左側のカウンターがクローク

軽食を取ろう!

荷物を預けたら皆軽食を取り始めます!

ロビーの右サイドか左サイドに行きましょう。メニューはケーキ各種などのデザート類と、サーモンやイクラが乗ったピンチョス等、飲み物はコーヒー・紅茶類と、ワインなどのお酒もありました。

座れる席は早々にいっぱいになり、立ち席もすぐ満席になります。ゆっくり楽しみたい方は早めに行きましょう。

ウラジオストクのマリインスキー劇場でバレエ鑑賞
↑立ち席でお茶しました

また開演までは皆あちこちで写真撮りまくりです!

開演前なら劇場内もオーケストラも撮影してOKです。

ウラジオストクのマリインスキー劇場でバレエ鑑賞
↑オーケストラの演奏をバックミュージックとして聴くなんて贅沢

ウラジオストクのマリインスキー劇場でバレエ鑑賞
↑休憩時間も写真OK!席を立ちロビーかカフェで休憩している人が多い

お手洗いに行ったらいよいよ開演です!

3. マリインスキー劇場への行き方と帰り方

一番簡単なのは市バスの15番に乗る行き方です。ただし、夕方の通勤時間は大変混み合うし渋滞で時間もかかるので注意してください。Googleでは予想所要時間25分でしたが、私はひどい渋滞で片道1時間ほどかかりました。

もしくは、29dのバスに乗ってもOKです。日本のガイドブックやネット情報には出てきませんが、Googleマップには出てきます。

街に多い韓国人旅行者とバスで話す機会があったのですが、彼らは29d番のバスを使って劇場に来たとのことだったので問題なさそうです。

ちなみに私は乗っていませんが29dより15の方が遠回りなので、29dのバスを勝手におすすめしておきます。

注意
Googleマップの案内では「29d」と出てくるのですが、ロシア語表記なので実際のバスには「29д」と書かれています。絵文字に出てくるロシア語の「д」は「D」と同じ音なんですね。 

バス乗り場について

15番or 29д,どちらに乗るとしてもこちらが一番わかりやすいバス停です

バス停名はIzumrud Mall(ТЦ”Изумруд”)」

その名もIzumrud Mallというショッピングモールの隣にあるバス停です。

注意

ショッピングモール前と50m北に行ったところの2か所が同じ名前のバス停になりますが、来るバスが違うので注意です。

マリインスキー劇場行きは、ショッピングモールから50mほど北に歩いた方のバス停で、SBERBANK(Сбербанк)という銀行前にあります。

ベンチがあり、バス待ちの人がたくさんいるので場所はわかりやすいと思います。

ここで待っていて15か29дが来たら乗りましょう。バスの後方の扉から乗ります。降りるときは前方の扉からで、運転手さんにバス代を払います。料金は一律23ルーブルで、おつりは出してくれますが、100ルーブル以下で支払った方がよさそうです。

ウラジオストクのマリインスキー劇場 バスでの行き方
↑15番は通学の学生さんも多い

ウラジオストクのマリインスキー劇場 バスでの行き方
↑15番のバスルート。行きと帰りで途中のルートは違いますが、街の中心部とマリインスキー劇場は必ず通ります。

マリインスキー劇場前のバス停は「Театроперы и балетаです。

次のバス停はバス内のモニターにロシア語で表示されますが、いかんせん読み取れないと思うので、大きな橋を越えたらすぐと覚えておいてください。橋を渡る前に、ボタンを押して運転手さんに次降りることを知らせます。

バスを降りたらすぐバス停の横に階段があるので上がってください。あとは、マリインスキー劇場の建物目指して1~2分歩けば到着です。

ウラジオストクのマリインスキー劇場 バスでの行き方
↑これがマリインスキー劇場。結構モダンな雰囲気。

帰り道の注意点

基本的には行きと逆のことをすればOKです。

ウラジオストクのマリインスキー劇場 バスでの行き方
↑マリインスキー劇場のバス停

行きに降りたバス停の反対側のバス停で待って、15か29дのバスが来たら乗りましょう。

注意
終演時間によってはバスが来ないかもしれません。

私が観た公演は19時開演で22時半に終わり、急いでバス停に行き帰りのバスを待っていましたが30分近くバスは1台も来ませんでした。

23時台まではバスがあるとネットで情報を得ていたのですが、23時ごろやっと来た15番のバスは完全スルーで通過していきました…。

結局、バス停で話していた韓国人の女の子たちが白タクと交渉してくれ、そのタクシーに同乗させてもらって帰ってきました。

終演時間が夜遅くなるようだったら、タクシーを予約しておくことをおすすめします。終演後はたくさんのタクシーが入り口にいましたが、どれも予約済のように見えました。

さらに流しのタクシーは白タクが多いです。海外旅行用のWi-Fiを持って行っている方なら、配車サービスGettを使うことをおすすめします。

使い方はUberと同じで、値段が先にわかったりクレジットカードを登録しておけば現金を扱わなくても良いなど、優れたサービスですので、ロシア語がわからなくてもアプリ上のマップで行先を指定して利用してみましょう。

4. バレエ鑑賞の感想とマルモ的おすすめの楽しみ方

今回私が鑑賞した演目はコチラ!

  • 演目…「The Sleeping Beauty(眠りの森の美女)
  • 全4幕
  • 休憩2回
  • 上演時間…約3時間半

子役たちも登場し、きらびやかなお衣装の数々、優美なダンサーや舞台装置も素晴らしく、終わった後は夢見心地でボーっとしてしまいました。

東京でも2度ほどバレエ鑑賞をしたことがありますが、クオリティ的にも金額的にも舞台のキラキラ感もウラジオストクで観るほうが好みです。

観たい演目があればそのためにまたウラジオストクまで行くと思います。

女性におすすめ!

めったに着ないよそ行きのワンピースやドレス、お家に眠っていませんか?もちろん普段着でも鑑賞OKなのですが、ぜひおしゃれして鑑賞してみてください。

タンスの肥やしとなっていたお洋服が日の目を見るのはもちろん、素敵な劇場でおしゃれしている自分っていい気分です(笑)

現地の方々も思い思いにおしゃれをして来ているので自分だけ決めすぎて浮くってことはないと思います!劇場に着いてから着替えることもできます。

多少荷物があってもクロークに預けられるので便利です。私はスニーカーで行って、現地でハイヒールに履き替えて、コートやスニーカーはまとめて預けました。

おすすめの演目は?

バレエを全く観たことがない方にお勧めする演目は、The Nutcracker(くるみ割り人形)The Sleeping Beauty(眠りの森の美女)です。

両方とも子供向けなのでHappyな感じで話も分かりやすいです。

  • くるみ割り人形は、欧米ではクリスマスの定番の演目で、家族そろって観に行ったりするそうですよ。
  • 眠りの森の美女は、ディズニーの映画にもなっているので内容を知っている方も多いかもしれません。私が観にいったときも、小学校低学年くらいのたくさんの子供がおめかしして鑑賞に来ていました。騒がず飽きることなく全3時間半食い入るように観ていましたし、男の子も3~4割と多かったので驚きました。

決して大きくないウラジオストクのような極東の街でもバレエ団があり、誰でも芸術を観るのが日常だというのは本当に良いことだなと思います。こうしてロシア人の本物を見る目は幼少期から養われていくのでしょう。

5. おわりに

日本のバレエって、バレエ人口の大半が女性だからか、出演者の割合も女性が多いと思います。

しかし、今回観た公演では舞踏会で全員集合して踊っても、全員異性の相手がいる。

つまり男女が同数に見えて、そこに感動してしまいました。

男性のバレエダンサーがあふれているって素敵!!(笑)

 

チケットもお手頃なので、もしウラジオストクに行くときはぜひマリインスキー劇場で鑑賞してみてください。

また、何か不明点などがあれば気軽にコメントして下さいね!

Have a nice trip!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8 件のコメント

  • はじめましてこんにちは。
    チケット購入の際に、オフィスで実際交換する人の名前の姓と名を逆に入力してしまいました。
    「the name and surname」とあったので、名前を先に入力してしまい、名前 名字になっています。
    これでも大丈夫でしょうか??

    • はじめまして!マルモです。
      コメントありがとうございます!
      本人確認するだけなので、綴りに間違いがなければ大丈夫だと思います!
      楽しんできて下さいね!

  • はじめまして。
    マルモさんの記事を参考にしてマリインスキーでバレエを鑑賞してきました!素晴らしかったです。とても詳しく載せてくださっていたので、とても助かりました。ほぼ教科書でした。
    ありがとうございます!

    • ヤンジカさん初めまして!
      お返事遅くなって申し訳ございません。。
      夏に行かれたのですね!そういったお言葉をいただけてこちらこそ光栄です!
      また何かいいネタあったら教えてください^^

  • このサイトを参考に無事チケットが買えました。
    分かりやすい説明ありがとうございます、楽しんできます^_^

    • ゆのさん初めまして!コメントありがとうございます!
      お役に立てて光栄です!
      体調を崩さぬよう十分な準備をして楽しんできてくださいね^^
      Have a nice trip!

  • こんにちは
    12/07からウラジオストクにいきます
    8日のクルミ割り人形のバレエのチケットを
    予約しました
    マルモさんの情報ページが大変役に立ちました
    ありがとうございました

    バレエを見るのは初めてです
    今からワクワクしています

    • つむぎさん初めまして!
      わざわざご報告ありがとうございます^^
      つむぎさんのそういった温かい言葉で報われます!
      バレエ、ぜひ楽しんできてくださいね!
      くれぐれも暖かくして体調には十分お気をつけていってらっしゃい!
      Have a nice trip!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)